簡単木工 2×4材で作る机 (初心者木工)

こちらは 「簡単に」&「安価に」 を目指して 木工にいそしむページです。

スポンサーサイト

Posted by kimi〼 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集成材

Posted by kimi〼 on   0 comments   0 trackback

集成材とは小さい木材を接着剤でくっつけて再構成した材料です
人工的に作られているので 強度が一定水準以上あるし、そり がでにくくなってます(無垢材はゆがんでいることが多い、そして松ヤニの恐れも)

syuseizai.jpg
左からラワン、ファルカタ、パイン。一番奥は構造用パイン材(大工さんが残していったもの)

パイン材
一番安価で入手しやすいですね。
机やテーブルの天板 などに使います。ちょっとした棚を作るときにも。
長さ以外に 厚み違いが並んでいるので間違わないよう気を付けましょう
近くのホームセンター(ビバ)では15mm、18mmが並んでいます。でも全サイズに同じ厚みがそろっているわけでなく1820mmの長さだと18mmの厚みしかなかったり。
厚い方が当然強いので用途に合わせて選ぶことになりますが、幅90cmの机だったら15mmで十分です。(子どもが上で飛び跳ねるのはやめてね)

ファルカタ材
ファルカタはマメ科の植物のことで...(木じゃないよね~)
それを合成樹脂で接着してあるものです。
特徴は とても軽い そして 柔らかい、柔らかすぎて傷つきやすい ヤスリがけするとみるみる削れていきます(+o+)
薄ければカッターナイフでも切れます。
お値段は安いです。ですから、強度のいらないところ、見えないところなどに使うとコストダウンにつながります
さて、そんなファルカタくんの使用場所は、引き出しの側面や底板。雑貨チックな小引出。などですね~
子供が乗るようなところには使えません!
近くのホームセンター(ビバ)では厚み6mmと13mmが売られています

その他 ラワン、タモ、ホワイトウッドなどの集成材があります。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://taniguchiinsatsu.blog.fc2.com/tb.php/8-6e6871c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。