簡単木工 2×4材で作る机 (初心者木工)

こちらは 「簡単に」&「安価に」 を目指して 木工にいそしむページです。

スポンサーサイト

Posted by kimi〼 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネジ と くぎ

Posted by kimi〼 on   0 comments   0 trackback

両方とも木材どうしをくっつけるのに使います。
「ネジ」はドライバーで もみこみ
「くぎ」はトンカチで 叩き込む
という使い方なのですが...

nejitokugi.jpg

まず接合の強さは「ネジ」の方が上です。面積や形状によっては「ネジ」が使えない場合は「くぎ」を使いますが
基本「ネジ」を使うことをおススメします

はっきし言ってトンカチを使うのは難しいです。初めは まず失敗するでしょう。
どういうことになるかと言うと まっすぐ打てずに板からはみ出る。途中で釘が曲がる。そして、抜くのに釘抜きがいる。
しかし、見た目を考慮するなら 「くぎ」の方が目立ちませんのでいずれは挑戦してみて下さい。

そして「ネジ」と言ってもホームセンターに行くといろいろなものがありますよね~
ネジは形状、長さ、頭の大きさ(大きい方がドライバーも大きいのが使えて楽です)材質、色など で分けられています
このブログの机作りに使うネジは「皿木ネジ」です
頭の大きさは3.1~4.1mmくらいで 僕は3.5mmを使用しています
長さは くっつける木の厚みによって使い分ける必要があるので 何種類か用意します
1×4材どうしの場合 25mm
1×4材と2×4材の場合 32mm
2×4材どうしの場合 56mm
ようは くっ付けたときに突き抜けないようにってことです。
*いずれも皿穴をあけてからの距離で考えています。
そうでない場合は
1×4材どうしの場合 32mm
1×4材と2×4材の場合 52mm
2×4材どうしの場合 60mm
とかになりますな。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://taniguchiinsatsu.blog.fc2.com/tb.php/9-94819dd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。